DAHONの折りたたみ自転車Visc.P20が欲しすぎる!Mu P9とちょっと迷う

8月に以下のエントリーの自転車『Muddyfox CX』を買い、9月には『Oxelo Town 9』を買って、コロのあるものばかり買っている2014年後半ですが、またまた欲しいものが出てきました。

ARAYA(アラヤ)MuddyFox CXを買ったぞ!シクロクロスだぞ!

Oxelo(オクセロ) Town 9を公言通り買ったぞ!そのレビューをどうぞ。ある意味評判通り!

それは、DAHONの折りたたみ自転車Visc.P20です。

 

 

理由は、『Muddyfox CX』を購入した時には思ってなかった『輪行』というものをやってみたくなったからです。

 

もちろん、『Muddyfox CX』でも輪行は可能です。

けれど、折りたたみ自転車のように手軽にコンパクトに纏めて持ち運びができるわけではなく、けっこうな大きさになります。

これが国内だけならそう問題はないのですが、海外に飛行機で行くとなると、かなり面倒に感じます。

飛行機に26インチの自転車を持ち込むとなると、航空会社によっては余分なチャージがかかるじゃないですか?

それもあるし大きい荷物ができるのが億劫なのです。

 

その点、『Visc.P20』だとタイヤが20インチだし半分に折り畳めるのでいい感じです。

また、昔雑貨の仕入れに使用していた丈夫なゴザで作った袋が流用できそうなので、それもナイスな点です。

輪行については後ほど記述するとして、『Mu P9』との間で結構迷いました。

 

『Mu P9』はDAHONのイメージにもなっているアーチ状のフレームが美しいモデルです。

当初はこれでいいかなとも思っていたのですが、変速がShimanoのAltusで9段なんですよ。

一方の『Visc.P20』はShimanoのTiagraが組んであり20段変速です。

スポンサードリンク

 

平坦な街乗りだと9段で十分だし、せいぜい3段階程度しか変速しないと思いますが、輪行で峠なんかを登るときにはこれでは心もとないのです。

しかも初級者用とも言えるAltusが組んであるのは実に微妙です。

セミオーダーでTiagra以上がチョイスできるのであれば『Mu P9』のフォルムも捨てがたかったのですが、自分で入れ替えるとなると面倒なので、はなから『Visc.P20』をチョイスしました。

 

 

問題は価格なんですよね~。

『Visc.P20』は実売で116,000円ほどで『Mu P9』は8万円前後なんです。(10万円弱のVisc.P20は型落ちの2014年モデルなので、購入する際には気をつけましょう)

けれど、フレームの剛性はそこそこ良いようだし、アルミの場合に10年以上もつというから少しぐらい高くてもいいかなと思っています。

 

それで、なぜ輪行かというと、2月に2ヶ月ほど海外に行こうと思っているのです。

行くのは決定なので2ヶ月滞在するかもしれないということまのですが、リハビリも兼ねてあちこちめぐろうと思っているのです。

ロングライドもする予定なので本当は26インチのほうがいいのでしょうが、コンパクトな方が色々なシーンで困らない気がします。

 

また、ネットで調べてみると、普通に走って時速25kmほどは十分に出るようなので問題なさそうです。たぶん。

ぼくなんて、『Muddyfox CX』を太いタイヤのままで時速20kmほどでちんたら走っているので、25kmも出るのであれば走行性能的には上等です。

 

問題はいつ買うかなのですよ!

画像のリンク先はポイント12倍セール中なので、購入するなら明日の早朝までに決断しようと思っています。

12倍ポイントなので1万数千円分違いますからね~。

ほんとは10日まで待って、入ってくる楽天ポイントを使用したいなと思っていたのですが、楽天ポイントはあればどのみち使ってしまうので、先に貯めておいてもいいと思っています。

 

購入したら、また当ブログで報告しますね!

 

プロブロガーじゃないフルタイムブロガー(Full-time Blogger) Saksak

スポンサードリンク