※二分割されている記事は、関連記事の下に四角いオレンジ色のリンクがあります

3日めはリンゴ1個と二重焼き1個だけしか食べられない状況に。

3日めの昼あたりからは熱が下がったのか関節の痛みも柔らぐ。

 

けれど、今度は下痢が始まる。

それまでは、ほとんど食べ物を食べてなかったこともあり下痢もしなかったみたい。

痛みはなく水状の下痢。

色は緑っぽい。

明らかに細菌またはウイルス感染。

 

4日め以降は徐々に食欲も回復。

とはいえ、万が一を考慮して、吐く時に辛くないように『うどん』または『蕎麦』を柔らかく煮込んで食べる。

米は吐くときにきついよ。

ヨーグルトも一日一個大きいものを食べる。

 

この食事が5連続。

5日めの夜辺りから通常の食欲に。

鳥のもも肉を食べてみる。

6日目、症状はかなり落ち着いたけど、外出先でお腹が痛くなってはいけないので、食料の買い物以外は控えている。

スポンサードリンク

 

 

どう考えてもサンドイッチが原因でしょ?

それ以外考えられないよね?

 

 

 

ウイルス性かな?

実はタイとベトナムとネパールで何度か食中毒にかかったことがある。

あちらのタイプは水を飲んでも肛門から出てくるタイプで発熱は伴わなかった。

よくなるものだから、現地の薬局でアンチ真菌とアンチ細菌の薬をそれぞれ一種類ずつ買って常備していたくらい。

今回日本でかかったものはタイプが違うみたいだ。

 

 

こんな時どうすればいいの?

それにしても、こんな時ってどうすれば良いんだろうね?

何日か寝込めば治るし時間もあるのでそうしたのだけど、本当はサンドイッチのパッケージを保健所に提出すべきだよね?

都会ならシステマティックに対処できそうだけど、なんせ田舎で、医者にかかろうとしても10km先なので、結局安静にしておくことを選んでしまった。

他に被害がないことを祈るばかり。

スポンサードリンク
ページ 1 ページ 2
カテゴリー: ブログ

コメントを残す