Adsenseのおすすめ広告サイズは?レクタングル大(336×280)の一択で問題なし?その理由は?

Adsenseを利用する際には広告の配置とともにどのサイズを選択するのかも悩みどころではないでしょうか?

今回はそんな悩みにお応えしましょう。

library3

結論から言うと、レクタングル大(336×280)の一択で問題ありません。

『えっ?このブログって横長の広告を利用してますよね?』と、突っ込まれる方もいることでしょう。このブログに限っては実験の意味も兼ねて728☓90のビッグバナーを使用していますが、他のブログは全てレクタングル大(336×280)を3つ使用しています。

ブログを複数持っている場合には実験の意味も兼ねてあれこれと設定を変更することができます。他のブログは収益性が高いのでうかつに変更できないのですが、当ブログは大したアクセスがないのでよく実験に利用しているのです。

スポンサードリンク

グーグルが推奨する広告フォーマット

実はグーグルが推奨する広告フォーマットがあります。以下がそのフォーマットです

  • ビッグバナー(728☓90)
  • レクタングル大(336×280)
  • レクタングル中(300×250)
  • ワイドスカイスクレイパー(160×600)
  • モバイルバナー(320×50)

これは広告設定画面を見ればわかることですね!

けれど、もう少し深く突っ込んだおすすめもあるのです。

レクタングル大(336×280)の一択で問題なし?その理由は?

レクタングル大とレクタングル中はともにおすすめフォーマットですが、設置するスペースが有るのならレクタングル大の方を選択してください。

というのも、レクタングル大はレクタングル中を内包しており、より広告単価の高い方を表示してくれます。レクタングル大を設置していても、たまにレクタングル中が表示されるのはそのためです。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す