Adsenseとアフィリエイトの違い。あなたに向いているのはどっち?

サイトやブログのマネタイズを行う際に導入するシステムは、大別するとGoogle Adsenseかアフィリエイトプログラムとのいずれかになるでしょう。

一見同じように思われる両者ですが、明らかに差異があります。今回はその差異について考察してみます。

 

pcgirl001

 

Adsenseとアフィリエイトの違い

アドセンスを好む人や向いている人というのは、ひたすら文章を書くのが好きな人と言えます。何かコンテンツをもっており、ついでにマネタイズができればいいなと思う人はアドセンスを選択しましょう。

そのコンテンツは専門性の高いブログでも、雑多なハイブリッドブログっでも、どちらでも構いません。

また、稼ぐことに重点を置くのが苦手な人にもアドセンスのほうが向いています。アドセンスは訪問者の属性を自動で分析して適切な広告を提供してくれますので、サイト運営者の収益への意図は希薄と言えます。

 

一方でアフィリエイトプログラムの場合には、十中八九、儲けようと意図が先行します。一見情報サイトのような体裁でも、はじめに儲けありきで作成しているため、慣れてくると閲覧した時点で容易に見破ることができます。

個人的にはそんなサイトの広告は絶対クリックしません。誰かの為に作っているのではなく自分が儲けるために作っているのが見え見えだからです。

アフィリエイターの中で意外と多い 悩みに『なんのためにやっているのだろう?』と、罪悪感を感じるというものがあります。

最近ではその手法自体がほぼ通用しなくなりつつありますが、自作自演のリンクを発信するためにサテライトサイトを作ったり、無料ブログを量産したりと、人の役に立たないゴミに近いサイトを制作することが横行しています。

そんな作業をやっていると、アフィリエイトバナーをクリックさせるために文章を書くことが切なくなるというのが真相のようです。

 

誘導または口のうまい人はアフィリエイト向き

Adsenseもアフィリエイトもバナーをクリックしてもらわないと報酬が発生しません。前者はクリックするだけで数十円、後者は数百円から中には万単位の報酬もあります。

最大の違いは、後者については売上が発生しなければならないことです。そのため、アフィリエイトサイトでは、商品やサービスにお金を落とす気にさせなければなりません。

もちろん、クリックした先に素晴らしい説明があって商品を買わずにいられなくなるなら別ですが、殆どの場合にはアフィリエイトサイトの文章力が物を言います。

そのため、アフィリエイトサイト運営者は、閲覧者をその気にさせる演出をサイトで行わなけれななりません。実生活では、回りにいる人への波及力の強い人などがアフィリエイトに向いているでしょう。

友人の中にそういう人はいませんか?その人から勧められたものはついつい買ってしまうなんて人。そんな人はアフィリエイトで成功をおさめる可能性が大です。

ただし、アフィリエイトの場合には、自分が受けたサービスや買った商品をおすすめするわけではなく、アフィリエイトプログラムにあるものを勧めないといけないため、良心の呵責を感じる人もいるでしょう。

実際に商品を購入してレビューしている人もいますが、その商品を購入する際の動機が儲けなので、本末転倒しているとも言えます。

 

まとめ

個人的にはアフィリエイトよりアドセンスが向いています。一時期は月に10万円ほどアフィリエイトで収益をあげていたこともありますが、自分の性格に合わないためやめてしまいました。

アドセンスの場合にはコンテンツ優先でブログを制作できるため、かなり気楽です。

また、アフィリエイトサイトはGoogle神にインチキサイトと判断されると奈落の底に突き落とされてしまいますが、まっとうなブログについては基本的にそんなペナルティーはありません。

ボク自身が運営しているサイトはペナルティーを受けない自信があります。また。中にはアカウント停止が怖いという人もいますが、反則を何度も繰り返さない限り停止はありませんので安心してください。

適性は人それぞれなのでなんとも言えませんが、ベースをアドセンスで構築しておいて、本当に進めたい商品やサービスが有った時にだけ、アフィリエイトプログラムを有効活用するのが、精神衛生上も良いと思われます。

 

プロブロガーじゃないフルタイムブロガー(Full-time Blogger) Saksak