スワンナプーム国際空港でタクシー代を安くする方法。タイ版ライフハック。アジアン雑貨の秘密を暴露#2

アジアン雑貨の集積地といえばタイです。そのため、多くのアジアン雑貨バイヤーがやってきます。

そして、その多くがタイの空の玄関口であるスワンナプーム国際空港(ท่าอากาศยานสุวรรณภูมิ:Suvarnabhumi International Airport)を利用します。

以前はドンムアン空港だったのですが、この新空港ができて以来、ほとんど利用することがなくなりました。この空港への往復で利用する波打った道路が懐かしいです(笑)

スワンナプーム国際空港

出発ロビーでタクシーをつかまえて手数料を節約すべし!

タイは日本に比べるとタクシー代がものすごく安いです。スワンナプーム国際空港は行く場所にもよりますが都心から20~30kmほど離れた場所にありまが、多く掛かっても日本円で7~800円で移動できます。

スポンサードリンク

エアポート・レール・リンクという利便性の悪い電車も開通しているのですが、ものすごく辺鄙なところに駅があって、旅行者には使いにくいです。

都心を走っているモノレール・BTSや地下鉄・MRTを延伸すればいいものを、変な利権が絡んでいて変なものを作りました。ま、タイではこのような計画性の無さはよくあることです。

このような状況なので、旅行者の多くはタクシーかバスで移動する事になります。先進国の人はそう貧乏ではないのでタクシーに乗る人が多いです。

エアポートバスは旅行者の行く主要な場所に止まるようになっており、とても利便性も高かったのですが、どうやら3年前に廃止されたので、必然的にタクシーがファーストチョイスになります。

バックパッカーは公共バスを利用しますが、、ここでは割愛します。

さて、スワンナプーム国際空港でどうすればタクシー代を、厳密に言えば手数料を浮かすことができるのでしょうか?そのヒントはスワンナプーム国際空港の構造にあります。

通常旅行者は一階に降りてタクシーをつかまえます。けれど、ここで捕まえたタクシーには50バーツ余分に払わなければならないというルールが有ります。日本円にして約150円です。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す