仕入れでクレジットカードを使いたい?手数料の支払いは必須です。アジアン雑貨の秘密を暴露#3

あなたがアジアン雑貨バイヤーとして初めてタイに仕入れにいくとします。

一般的な旅行での決済方法は3つ考えられますよね?

  1. 現金
  2. クレジットカード
  3. トラベラーズチェック

あなたはどれを選びますか?

アジアンエスニックガール

結論から言うと1の現金が正解です。3のトラベラーズチェックなんてタイで使っている人を見たことはありません。

では2のクレジットカードはどうでしょう?現実的にはかなり難しいです。

というのも、タイではさほどクレジットカードのシステムが発達していません。特に仕入れのメッカ、チャトチャック市場でクレジットカードを導入しているお店は皆無に等しいです。

スポンサードリンク

また、それ以外の場所でも、財政基盤のしっかりした大きなショップでないとクレジットの扱いはありません。

仕入れでクレジットカードを使いたい場合には手数料の支払いは必須

日本の消費者の多くは意外と知らないのですが、顧客がクレジットカードを利用すると、小規模店の場合には4~5%程度をクレジットカード会社に手数料として支払わなければなりません。

だから、お買い物の際にカード決済されると実はがっくり来るのです。それはそうですよね?10万円の商品が売れたとして、手数料が5%だと、実際の売上額は95,000円になるのと同じなのですから。

けれど、コレを餌にして、『現金でお支払いいただいたら2000円引きますよ!』なんていうことはできません。このほうが顧客にも販売店にもおいしいのですが、クレジット会社との契約で禁止されているのです。

ちなみに、ガソリンスタンドなどで、現金大歓迎とあるのは、殆どの場合がこのシステムのためです。

現金でもらったほうが粗利も増えるし、キャッシュフローも停滞しません。クレジットカードの場合には、早くても1か月後の入金なので、その間に資金がショートする可能性もあります。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す