美人な先生によるオンデマンド授業があれば先生って7・8割はいらないよね

何かと各業界でパラダイムシフトが起きている昨今ですが、今回は教育分野の無駄を考えてみます。

そもそも、先生って必要なの?というお話です。

さすがに小学校においては必要性を感じてますのでそこには言及しないとして、今回は中高で必要性について考察してみます。

林雪薇

上の画像は2012年に中国で話題になった広東外語外貿大学南国商学院英語教師の林雪薇さん。この画像は生徒が隠し撮りしたものらしく鮮明ではありません。けれど、すごく可愛いということはわかると思います。

これだけだとフラストレーションがたまるので、アップの画像をもう一つ。

林雪薇

どうですか?今まで自分が教えてもらった英語の先生に、こんなかわいい人はいましたか?

いませんでしたよね(泣)

美人な先生によるオンデマンド授業

教育界はものすごく硬直化していて、そもそも先生が現状の数必要だということを見直さなければならないと思うのですよ。

スポンサードリンク

パラダイムシフトを加速させて、オンデマンド授業に移行したほうが良いと思うのです。生徒がいつでも視聴できる動画がクラウドに公開されていればいいのです。

というのも、最近ではYoutubeで教育系の動画もたくさん公開さていますよね。先日漢文のポイントを学ぶ動画を見たのですが、すごくわかりやすかったのです。

『高校生の時にこの教え方をしてもらってたらもっと成績は伸びたはず』

と思わずに入られませんでした。漢文に限らず他の授業もそうですよ。今まで出会った教師の中で、教え方がうまかったなと思える教師は1割いたかどうかです。

それならば、教え方に優れた全国でもトップテンに入る先生のオンデマンド授業を受けたほうが、興味も持続させることができて成績も上がると思うのですよね。

特に男子なんてモチベーションが単純で、美人の先生だと成績が飛躍的に上がったりします。美人にかぎらず、好感の持てる先生の科目は成績が上がることがありますよね。

英語の発音の怪しいナマのクソジジイ、失礼、年配の男性教師よりも、動画の美人英語教師のほうが圧倒的に支持されるはずです。

けれど、接触がゼロというのも切ないので、年に1回ずつでも各地でコンサート的な授業をしてもよいでしょう。

予習復習も自由自在

オンデマンドなので、いつでもどこでもネット環境さえあれば予習復習は自由自在です。興が乗れば3年分の授業を一気に1年で勉強することも可能でしょう。

飛び級制度がいまいち発展していない日本では、暇を持て余すことになるかもしれませんが、このようなシステムが定着する頃には飛び級制度も見直されていることでしょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す