Red Velvetのデビュー曲Happiness、動画(MV)で広島の原爆や9.11を揶揄。歌詞もひどい!SMエンターテインメントは何考えてるのかね

東方神起や少女時代、スーパージュニア、EXOなどが所属するSMエンターテイメントから、f(x)以来5年ぶりにガールズグループがデビューしました。

それが、いろいろな意味で話題のRed Velvet(レッド・ベルベット:레드벨벳)です。

いろいろな意味でと言うのはSMエンターテイメントがリリースした新人というだけでなく、彼女たちのデビュー曲Happiness(행복)のMVの作りがひどいからです。

Red Velvet

Red Velvet(レッド・ベルベット:레드벨벳) Happiness(ヘンボク:행복) MV

まずは視聴してみないとわかりませんね。

※MVは制作会社が内容を変更して非公開になりました

まずは34秒のところです。

Red Velvet

スポンサードリンク
  • JAPS HIT BY ATOMIC BOMB EQUAL TO 20,000 TONS TNT
  • GREATER ATOM BOMBS PROMISED JAPS
  • ALLIES TELL JAPS HIROHITO MUST OBEY OUR…

現在のアメリカで『JAPS』なんて言ったもんならヘイトだと締めあげられますし、間違いなく軽蔑の眼差しを受けます。しかも、昭和天皇を呼び捨て状態の見出しです(汗)

このシーンでの歌詞については後述します。

Red Velvet

2:23のところではニューヨークの摩天楼のバックにキノコ雲があり、そこでメンバーの一人が赤い飛行機を飛ばしています。

誰がどう見ても9.11ですよね?何考えて演出したのでしょうね?

Red Velvet Happiness 歌詞もひどすぎる!

歌詞については今のところ誰も言及していませんが、ほんとひどいです。もっとも、このようなMVでなければどうってことのない歌詞で、基本的に大したことは歌っていません。

けれど、各シーンに敢えてこの歌詞を持ってきたのでは?と、穿った聞き方をした場合には、怒りを通り越してその酷さに虚しさを覚えます。

ではボクのしょぼいリスニング能力をフル動員して歌詞を紹介しましょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す