Amazonアソシエイトの料率変更は典型的なアメリカンマーケティング。依存していたあなたが悪い!

Amazonアソシエイトの料率が変更されたということで、収入源が瓦解した一部のアフィリエイターは阿鼻叫喚だそうです。

残念でしたね~。けれど、そんなことは元からわかりきっていたことなのです。

Amazonボックス人形

キックバックは与えるふりをした単なる広告手法

Amazonアソシエイトはアフィリエイトであり単なる広告手法です。成果報酬が与えられることがクローズアップされがちですが、フリーミアムのGiveとはまるっきり性格が異なり、Give&TakeのTakeに重きが置かれています。

もし、本心から与えることを考えているならば、アフィリエイターに無駄な広告費を払わずに、直接の顧客である消費者に価格で還元すればよいのです。

けれど、それをしないのは、一定の広告費の必要性を過去のマーケティング例から学習しているからです。

Amazonは赤字を垂れ流しながらもアソシエイトの料率をずっと高めに設定していました。それはなぜかというと、数年後に期待される利益のほうが、現時点での赤字よりもはるかに大きいと知っていたからです。

インターネットの世界では、一般的には一旦構築したリンクを消すということはしません。そのため、大枚をはたいてアフィリエイターに構築してもらったリンクはそれなりに長い寿命を維持します。

それがゲートウェイとなり顧客がやって来るのはもちろんですが、真の狙いはそこにはありません。

スポンサードリンク

真の狙いとは、Amazonでの購買を習慣化させることにあります。

購買の習慣化とキックバックはアメリカンマーケティングの常套手段

ジョンソン・アンド・ジョンソン(以下J&J)がコンタクトレンズ販売の際に日本で取った手法を紹介しましょう。商品は1Dayアキュビューです。

J&Jは日本国内においてはコンタクトレンズメーカーとして後発でした。けれど、アメリカからやって来た外資ということもあり、そのマーケティングは実に巧妙でした。いや、狡猾と言っても良いやり方でした。

1Dayアキュビューの仕入れ値は他社のものより高いものでした。そのため、多くの販売店は仕入れを躊躇しました。

このときにJ&Jが取った手法はキックバック方式です。キャッシュっバックといったほうがわかりやすいでしょうか?

一定数売ると一箱当たり200円を還元するというものです。もちろん、数が出れば出るほど300円、400円と一箱あたりのキックバック率が上がります。(※金額は一例)

もちろん売れれば売れるほどJ&Jの利益率は低下します。ひょっとすると赤字になっていた可能性もあります。

販売店はキックバック目当てで自身の顧客に対してどんどん1Dayアキュビューを推奨します。1年もすると多くの顧客が1Dayアキュビューのユーザーになりました。

1Dayアキュビューはディスポーザブルなコンタクトレンズですから、当然ながらリピート性が高いものです。この時点でユーザーはこのコンタクトを使用することが習慣化されています。

このあとJ&Jが取った行動はどういうものだったのでしょうか?

つづく・・・・・

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す