貧困女子はブロガーとしてブログを書いて月に3万ほど収入をアップすれば良いんじゃない?

少し前に話題になった貧困女子。定義は色々あるようですが、とある定義では所得から家賃を引いた額が8万5千円未満となっています。そして、女子(中年以上も含む)の1/3が貧困女子の定義に当てはまるのだとか。

逆に、これよりも可処分所得が5千円でも増えれば貧困女子から脱却できるわけです。

それならブログを開設してブロガーをやれば良いんじゃない?

と思ったわけですよ。5千円と言わず、ゆくゆくは3万円の収入も夢じゃありません。もちろんもっと収入を得ることだって可能です。

nonploy008

思考停止が一番危ない

『そんなこと、あなたが収入を得てるからと言って誰でもできると思わないでよ!』と、言われるかもしれませんね。

けれど、ボクもはっきりってそう遠くない過去において貧困男子でした。

月単位で見ると家賃を引いた収入が2万円という月もありました。そして、半年近くはカードローンの借り直しの繰り返しがありました。

けれど、そんな生活から脱却できたのはブログによる収入だったのです。このあたりは追々実録としてアップしていきますので、乞うご期待ということで。

スポンサードリンク

そのときに肝に銘じたことは『思考停止が一番危ない』ということでした。貧乏になってみればわかると思いますが、考えることは食事の献立、しかも、いかにしてローコストにして空腹を満たすかに注力し始めます。

必然的に炭水化物中心のわびしい食事になり、余裕で月間の食費が1万円を切ってきます。

そんな状況だと新しく何かをしようという気力も起こらず現状をなんとか維持するだけで日々悶々とした生活を送る羽目になります。そんな思考停止の打破のためにもブログでアウトプットをした方がベターなのです。

ブログ内で『私は貧乏』と叫ぶのも良し、ポジティブな言葉だけを使って気持ちを乗せていくのも良しです。

ドメイン代金とサーバー台が意外とネック

ブログを始めるにしても、無料ブログの場合には自分の資産となりにくいため全否定します。あくまでもそこは借家ですから。

そうなると必然的に独立系ブログを選択しなければならないのですが、少なからず費用がかかります。

例を挙げると以下の通りです。

年間で3990円、月割りだと332.5円です。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す