高学歴プアって目先の勉強だけして生き方を学ばなかったんだろうね。ブログで作って所得を増やせばよいものを

先日、『年収250万…早稲田大の非常勤講師らが、大学を刑事告発 突然の雇い止めの実態』という記事を読みました。

要約を抜粋すると以下の通り

  • 首都圏大学の非常勤講師の平均年収は300万円ほど
  • そのうち250万円未満が4割
  • 早大の教員のうち非常勤講師は59%
  • ほとんどは博士なのにワーキングプア
  • 13年4月1日以降に契約を結ぶ人には5年雇い止めが適用される

 

せつないですね~。まさに高学歴プアです。社会に出てお金を稼ぐことが目的の学生に貧乏人が教えるというのはものすごいアイロニーです。

irony

 

専門性を持ったブロガー予備軍

実はこういった人たちこそブロガー予備軍だと思うのですよ。高学歴ということでそれなりの文章が書けるはずだし、専門性を持ったブログが書けるはずだから。

首都圏で大学講師を務めているということは、それなりのレベルの専門家です。その専門分野を活かせば十二分に閲覧者を獲得できアクセスを稼ぐことができるはずです。

もちろん、レベルを一般人向けにおとしこむ工夫も必要ですが、逆に専門性を維持した小難しいブログにも需要があるものです。

もっとも、勉強ができるのにマネタイズができないセグメントですから、ウェブ上のマネタイズもうまくできなさそうです。けれど、アドセンスを設置しておけばそういった問題もひとまずクリアできます。

現時点でマネタイズを学んでいないのだから、これから学ぶしかありません。自アタマがいいので学べばそこそこの収益をあげられることでしょう。

ただ、このセグメントは、言われたことは高度にこなすことができても、それ以上に応用することができません。守破離で言えば守が満点に近く破離 は0点なのです。まずはそこから改善しなければなりません。

試行錯誤と実験・検証に尽きます。

 

既存ブロガーは戦々恐々

そもそもこの高学歴プア層は、既存の情報をまとめることにたけているはずです。理解力も人一倍なので既存のジャンルアフィリエイトに取り組めばとんでもない成果が上がるかもしれません。

学者としての矜持がそれを許さないとなると、ブログの執筆とアドセンスを組み合わせたマネタイズを選択せざるをえないのですが、それにおいても専門性に長けているため、一定以上の成果が現れることでしょう。

団体交渉などで悶々とした鬱憤を晴らすのもひとつの手ですが、同じ労力をかけるならマネタイズにトライしたほうがポジティブですよね?

というわけで、高学歴プアの皆さん、ブログを書いてマネタイズしてみてください。ただし、僕の所属するジャンルは侵さないでくださいね(笑)

 

プロブロガーじゃないフルタイムブロガー(Full-time Blogger) ぶらり人 Saksak @広島