アドセンス収入を最大化したいなら3・6・9・12月を狙え!けれど、なぜそんな法則が?

アドセンスも他の広告も同様ですが、広告というものには広告主がいます。ブロガーが広告を貼って収入を得たいのと同様に、広告主も広告を第三者のサイトに表示することで自社の商品やりサービスの売り上げを発生させて収益化を計りたいと思っています。

そのため、さほどメンテナンスの入らないアドセンスにおいても広告主の意向や性向を十分に熟知していると、最大限の収益を得ることができます。

 

peak002

 

アドセンス収入を最大化したいなら3・6・9・12月を狙え

麻雀をやったことのある方ならわかると思いますがいわゆる3のスジ月、3・6・9・12月にアドセンスのクリック単価が上がる傾向にあります。6月はそこまで高めにはならない感じですが、他の月には顕著に表れます。

特に3月は例年すさまじくアドセンスのクリック単価が上がります。9月と12月もなかなかの上昇を見せます。

逆にダメなのが2・5・8・11月のいわゆる2のスジ月です。特にこれらの月の月中の下降は涙が出るほどです。今がまさにそうで、数十日間続いていたデイリー1万円アップがついに強で途切れました(泣)

さらに言うと、平均的なクリック単価であることが多い月は1・4・7・10月のいわゆる1のスジ月です。

 

なぜアドセンスのクリック単価に変動が起きるのか?

アドセンスに広告を出稿している企業はアドワーズというシステムを利用しています。このシステムでは、キーワードに対して広告単価が固定されているわけではなく、オークションによって単価が決められています。

そのため、たとえば『ダイエット』という単価で広告を出したい場合には、競合他社のオークションに勝たなければ広告を出稿できません(実際には予算が少ないと露出回数が少なくなる)。けれど、競合の多いキーワードなのでオークションシステムにより広告単価が跳ね上がります。

スポンサードリンク

そうなると、ブロガーの手持ちブログでクリックされた場合に、比較的高単価を得ることができます。ちなみに『怪盗ぶらり団』で広告を出稿したら、間違いなく超格安です。競合が居ないので(笑)

こういったシステムに加えて決定的な要素は、3のスジの月は決算月だということです。

皆さんの会社を思い浮かべてください。決算月には余った予算を使い切れという指令が飛んできませんか?おそらくはこのことにより、3のスジの月の広告単価の活性が他の月より顕著なのです。

特にアメリカ型のクォーター制(四半期制)を導入している企業であればその傾向は一層強いことでしょう。

また、四季のある国特有のサイクルも当然関与してきます。3月は新年度前と言うことで活性化され、9月は半期決算である上に季節の変わり目の需要も促せます。

12月はクリスマスを含んだ最大の需要月です。6月は夏直前ですがそこまで購買需要が伸びる月ではありません。

 

アドセンス収入を最大化したいなら3・6・9・12月に記事を書け!

商売をしたことのある方なら聞いたことがあると思いますが、商売には『二八(にっぱち)』と言って、箸にも棒にもかからない売り上げが低迷する月があります。まさに2のスジ月です。

ダメなときこそがむしゃらにがんばってしまいがちですが、実は最も効率の悪いのがこのタイプです。はい、ボクです(汗)

逆に賢い人は最大限の戦力で最大限の成果を得るために3のスジ月に注力します。その方が同じ一つの記事を書いても、実際に得られる収益が格段に良くなります。

もちろん、その記事のヒット率などのクリック単価とは別の要因がありますので一概には言えませんが、効率が良くなるのは確かです。

というわけで、来月は比較的堅調な広告収入が見込める6月です。皆さんも他の月よりもほんの少し多くの記事をアップするように心がけてみてください。きっと良い成果を得られると思いますよ!

 

プロブロガーじゃないフルタイムブロガー ぶらり人 Saksak

スポンサードリンク