レスポンシブウェブデザインにおけるAdsense配置の注意点は?ダブルレクタングルには要注意

Googleって中の人に接触できないイメージを持っていませんか?僕も数年前まではそうだったのですが、ここ2年ほどはとてもフレンドリーに接してくれる企業だなという印象を持っています。

というのも、毎週の収益額が継続的に 25アメリカドル(日本の基準は2500円?)を超えているサイト運営者には、Googleがメールサポートサービスを用意してくれているからです。不明な点があれば、これで一発で解決します。

adsense

いつだったか、チャットのサービスも用意しましたとメールが来たのですが、その基準は失念してしまいました。僕は打ち込むのが遅いので、いつもメールで問合せをしています。

さらに、たまに機械的に定型文でやってくる収益最適化の案内だけではなく、具体的にサイトをチェックしてくれた上でのオリジナルアドバイスがメールされてくることもあります。

スポンサードリンク

また、数カ月おきに開催されるオンラインセミナーも魅力です。Googleの中の人から最新情報が入手できる上に、目標設定をクリアすると色々と特典がついてきたりします。

Googleでのランチだったり本だったりTシャツだったり。ランチについては旅費は出ないので行きそびれましたが、グッズはしっかりとゲットしました。メモ帳などは勿体無くて使えないんですけど(笑)

レスポンシブウェブデザインにおけるAdsense配置の注意点は?

前置きが長くなってしまいましたね。本題に入りましょう。

そのオンラインセミナーでも一時期、『ダブルレクタングル』が推奨されていました。今でもかな?

300☓250などの若干横長の長方形の広告を記事終わりに横または縦に並列させることでアイキャッチを高める手法です。

とても効果的ということで魅力のある手法だったのですが、僕の場合には初期からレスポンシブウェブデザインを採用していたために、残念ながら『ダブルレクタングル』を採用したことがありません。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す