アドセンスってそもそも何なの?お母さんのためのアドセンス講座1

2013年10月6日

突然ですが、『お母さんのためのアドセンス講座』を開催します。場所はもちろんこのサイトです。

ま、記事を書いていて思いついたといえばそれまでなのですが、実は思うところがあって『お母さんのための』というテーマにしました。

 

前職での話ですが、かつては数十人の後輩(部下)がいました。女性の多い職場だったので、彼女たちの多くが結婚や出産を機に家庭に入りました。

彼女たちは育児に忙しく、複数の子供を持った場合にはパートにもでられません。かといって、全ての時間が埋まっているわけでもなく、空き時間を合計すると、数時間は時間が取れるという状況です。

かつては男性と同じように働き、同じだけの給料を稼ぐ能力がある人達なのに、社会構造の問題により、収入の道は絶たれているのが現状です。

cafe

 

また、専業主婦として家庭に入り生活には困ってはいないものの、お小遣いになる収入がないと嘆いている後輩たちも意外に多いです。

例えば、ランチの時のプラス100円に抵抗感があるとか、お洒落なカフェでお茶をしたいのだけど、数百円がもったいなくて躊躇してしまうなどです。

スポンサードリンク

 

そういった不満足を解消し、生活の質を向上させてくれるものの一つが、まさにアドセンスです。

前置きが長くなりましたが、アドセンスについて説明しましょう。

アドセンスとはグーグルが提供している広告(広告システム)です。

グーグルというと検索の会社というイメージかもしれませんが、利益の85%は広告事業から得ている広告の会社なんです。意外と知られてませんよね?

 

アドセンスを例えるときに一番わかり易いのが、ビルの屋上に設置してある看板広告です。

ビルのオーナーは広告代理店の紹介で看板を設置して収入を得ていますよね?ビルのオーナーを自分と自分のブログに置き換えてみてください。収益が生まれるステップは以下のとおりです。

  1. あなたはブログのオーナーです。
  2. そして、自分のブログに広告を設置しました。
  3. ブログ閲覧者が広告をクリックしました。
  4. すると、1クリックあたり30円ほどの収益が上がりました。

これがアドセンスの仕組みです。

 

『インターネットの広告の仕組みなんてわけがわからない』と思っていた人も、『ビルの看板』をイメージすればわかると思います。

もちろん、ビルの看板は予め契約料が決まっていますので、そこに差異はあります。

けれど、似たようなものだということは、これでおわかりいただけたと思います。

 

スポンサードリンク