検索結果大変動にみるGoogle神の一撃。アフィリエイトの余命は短い?

パンダアップデート4.0が行われ、ブラックアフィリエイターが奈落の底に突き落とされて騒然としているようです。数十万円から百万円以上稼いでいたサイトが奈落の底に落ちてしまうと、ボクなら出家でもしようかという気持ちになりそうです。

さて、冗談はさておき、先日、既存のアフィリエイター収入の大半はこの先グーグルによってゼロに近づけられるに違いないという記事を書きましたが、現実がより近づいているような気がします。

patti005

eBay撃沈、楽天やAmazonも危ない?アフィリエイトサイトも時間の問題?

今回のパンダアップデート4.0のタイミングであのeBayが撃沈を喰らいました。アメリカでもイギリスでも同様のことが起きており、検索結果が著しく低下するか消えてしまったとのことです。

怖いですね~。神ですね~。ボクは個人的にGoogle神と呼んでいますよ。

世界の多神教では雷神がトップに君臨していることが多いですよね。北欧神話のトールにしろギリシャ神話のゼウスにしろ、古代アーリア系のインドラにしろ、雷使いです。ボクの中ではGoogle神はそんなイメージで、今回の件はまさに雷神の一撃です。

スポンサードリンク

この結果というのは当然ながらeBayのページが有益なものでないと判断されたからです。何かを知りたいと思い検索した際に、eBayのページが邪魔になっていたということです。

では、楽天やAmazonのページはどうなのでしょう?こればっかりはGoogle神に聞いてみないとわかりませんが、同様の憂き目に遭う可能性も否定できません。

というのも、今回、パンダアップデート4.0のタイミングで下落したといっても、手動の可能性が否定できないからです。特に危ないのは楽天でしょう。

Yahoo!にはGoogleの検索エンジンを使用しているというご縁があるので、何のご縁もない方を落としてご縁のあるYahoo!ショップを上位表示させるという施策を行うかもしれません。

信義則上は問題ありですが、民間のサービスなので誰もとやかく言うことはできません。

また、もっとも有益でないサイトやページが多いのが多いのがアフィリエイトであsり、Googleが最も排除したいのではないかと、個人的に思っています。

Googleの本業は広告業ですから

Googleは検索エンジンの会社と言うことは知っていても、何で収入を得ているのかを知って居る人は意外に少ないのが実情です。さすがにアフィリエイトやアドセンスをしている人は知っていると思いますが、Googleは広告の会社です。利益の大部分は広告枠の販売によるものです。

広告主が支払う広告料のうち、約6割は僕たちのようなアドセンス利用者に還元され、残りの約4割はGoogleの売り上げになっています。

日本国内での規模がどれほどなのかは精査していないのでわかりませんが、本業から見たGoogleのライバルはASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)と言われる広告サービス会社です。一番有名なのはA8でしょうか?楽天やAmazonも広告のライバルですね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す