ホワイトなのにサイトが飛んだ?いえいえ、あなたのサイトはブラックですから

ここのところアフィリエイターの『サイトが飛んだ祭り』が大盛況です。

いんちき臭いサイトを駆逐しているGoogle神に『あっぱれ』を3枚貼りたい心境です(笑)

彼らの嘆きの中には、『ホワイトも飛んだ』と嘆いている人も見受けられますが、本当にそうなのでしょうか?

ホワイトハット

ホワイトハットとブラックハット

サイトを構築する際のメンタリティーと実際に作成したサイトを大別すると、ホワイトハット(white hat)ブラックハット(Black hat)に分けられます。

そして、その中間をイエローハット(Yellow hat)と呼びます。ウソです。イエローハットなんて言いません。忘れてください。

スポンサードリンク

ほとんどのアフィリエイターは自分が儲けたい一心でサイトを構築しています。誰かの幸せのためにやっているなんて人は見たことがありません。その点において、彼らのメンタリティーはハナからブラックハットです。(例外はいるかもしれませんが・・・)

そんな彼らが作成するサイトがはたしてホワイトハットなサイトになりえるでしょうか?

ホワイトなのにサイトが飛んだ?いえいえ、あなたのサイトはブラックですから

黒いものに染まっている状態でいくらホワイトハットなサイトをつくろうとしても、スタートから間違っているため作ることはできません。

そもそもホワイトハットなサイトなら、Google神も鉄槌を下すことはしないわけなので、彼らが作ったサイトは紛れもないブラックハットなサイトなのです。

このようなアフィリエイターの最大の問題点は自分がブラックだという自覚が全くないことです。

そのため、今後彼らが自身のサイトに何かしらの改良を加えたとしても、行き着くところはブラックなので、一時的に検索結果の上位を獲得できても、早晩飛ばされることになります。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す