Stingerがレスポンシブになったら有料でも使用したいんだけどな~

SEOにも最適だと巷で評判のWordpressテーマ『Stinger』。

『Stinger2』のころから他のサイトでテスト的に導入して、当サイトでは最初から『Stinger3』を使用させていただいてます。

オールインワン的な要素が高く使い勝手の良いテーマで、ブログを始めて利用する方にはおすすめしたいテーマです。

Stinger3

けれど、個人的には変更してほしい点もあります。

※このエントリーの内容は現在では当てはまらないところが多々あります

1.ショートコードを記事の冒頭で使えない

ショートコードとは[]で囲まれた文字列を利用して、スクリプトなどを読み出す仕組みなのですが、『Stinger3』では機能はするものの、トップページに記事の参照を羅列する際に、ショートコードもそのまま文字として読み込んでしまうんです。

現状ではメインカラムの『記事一覧』と、右カラムの『NEW ENTRY』の両方にこの症状が現れます。サイト閲覧者からすると、『なんなのこれ?』となってしまいます。

また、それに付随してか、記事本文の1行目だけフォントが巨大化します。

スポンサードリンク

ショートコードを設置しない回避方法やPHPの記述に切り替える方法もありますが、そうすると、既存のレイアウトが崩れてしまいます。

そのため、『Adsense Manager』などを利用して、記事の冒頭にショートコードを配置している場合には、サイトの大幅な手直しが必要となります。

『そんな小さなことは気にしない!』という方は問題ありません(笑)

※検索結果を表示した際にはショートコードは現れないため、技術的に回避できるのだろうけど、ぼくにはそんな能力はありません(泣)

※検索結果の表示では『NO IMAGE』の画像が表示されないのも修正箇所かも。

※後日、解決策を提示しているサイトを発見。自分でやってもうまく行かなかったので、次回更新時には、このコードを組み込んでほしい!

WordPress STINGER3 を使っていてショートコードが見えちゃって嫌な場合の対処法(簡易版)

2013.10.15追記:ショートコードを利用したアドセンスの表示では、下半分が切れて表示されることが判明。しかたなくデフォルトのStingerの設定を使用しました。

個別ページ冒頭にアドセンスを配置して、右に文字を回り込ませる表示スタイルは諦めました。

2.レスポンシブ・ウエブデザインでないこと

このことが一番残念に思うことかもしれません。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. […] Stingerがレスポンシブになったら有料でも使用したいんだけどな~| 怪盗ぶらり団. […]

コメントを残す