WP Social Bookmarking Lightが表示スピードを遅くするようだ

2013年10月9日

WordPressのサイトにフェイスブックやTwitterのボタンを表示するプラグイン『WP Social Bookmarking Light』

好んで使用している方も多いと思います。ぼくも、Stinger以外のテーマで作った全てのサイトに標準装備しています。

とあるサイトを読んでいると『WP Social Bookmarking Light』をトップページに表示させなければ、ページの読み込みスピードが格段に上がると書いてあったので、早速やってみました。

 

speed

 

確かに上がります。最大で1秒ほど上がりました。最小だと0.15秒ほどでした。

これはいいと思って、全サイトのトップページには表示させないようにしようと思ったのですが、よくよく考えると、他のページの表示スピードは変わらないわけで、変更してもあまり意味が無いことに気が付きました。

というのも、訪問者の多くがトップページから来るわけではなく、検索経由で個別のページからやってくるからです。

そのため、たった一ページ、トップページだけがスピードアップしたところで、大勢には影響がないのです。

アドセンスにおいても、ページの表示スピードに関する警告が表示されますが、トップページだけではなく個別ページを指摘してきます。やはり、スピードアップは個々のページで具現化しなければなりません。

けれど、このプラグインが速度低下を招いていることはわかりましたので、頭の片隅にこの事実を入れておき、大体の施策を模索したいと思います。