新興国のスマホ接触時間が長いのはあたりまえだよね

BLOGOSを読んでいると、意外なメディア接触時間、TV接触が長い先進国とスマホ接触が長い新興国というエントリーがありました。(リンク先はオリジナルのブログの方です)

筆者はイギリスのある調査会社の報告がそうだったのを見て、『ほんまかいな』と突っ込みたくなったそうです。

僕の感覚で言うと、『そのとおりでしょう』 なんですが・・・(汗)

スマートフォン

給料の2ヶ月分をスマホにつぎ込む新興国

おそらく筆者は新興国の様子を目の当たりにしたことがないのでしょう。2・3日滞在するだけで納得できると思います。

僕が知っているのはタイだけなので限定して話を進めますが、新興国の現状は似たり寄ったりに違いありません。

タイでは月給が3・4万円程度のレジのお姉さんでも、最高クラスの最新機種を持っているのを見かけます。あの人達、仕事中にも触っているのでリサーチしなくてもわかります(笑)

基本的には日本と異なり電話機とSimは別売りなので、6・7万円する機種を買っちゃうわけですよ。実に給料の2ヶ月分です。

日本人的には、最新型のフルサイズデジタル一眼レフを高級レンズ付きで購入するような感覚に似ているでしょうか?

そのくらいしか思い浮かばないのですが、スマホは必需品でフルサイズのカメラは嗜好品なので、モチベーションは違いそうです。

けれど、そんなカメラを買ったらどうします?使い倒しますよね?写真を取るためにわざわざどこかに出かけたりもするはずです。必然的にカメラに時間を取られて他の事はしなくなります。

スポンサードリンク

PCのいらないセグメント

世の中のおじさんは意外と知らないのですが、今の若い世代はPCを持ってない人、またはPCを日常的に使わない人が少なからずいます。大学生などはPCを使う必要性があるときは学校で済ませるという人も多いですね。

『PCを使わないなんて話にならない!』と思うかもしれませんが、一昔前の、『PCを使えない人たちは遅れている人』という状況を通り越して、今や、『スマホで事足りるからPCは使わなくていいや』というセグメントが形成されています。

実際、何かを開発したり発信しない受け手側の若年層はスマホオンリーです。今のスマホは5年前のPCより性能はいいし、それなりの写真が撮れるカメラまでついたオールインワン製品です。よっぽど何かに特化しない限りは、スマホですべて事足りてしまうのです。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す