ソニーの対応が神対応?塩対応の間違いじゃないの?Xperia Zシリーズ純正クレードルの瑕疵のお話

いつもチェックしている永江一石さんのブログに以下のエントリーがありました。

涙!! やっぱ自分はソニー押しで行きますわ。まだまだ盛り返せる、これならば。

要約すると、Xperia Zシリーズ純正クレードルに瑕疵があって、純正ケースを装着した際にはぐらついてちゃんと使えなかったのが、アタッチメントを作ってくれたおかげで快適に使用することができたという内容です。

Xperia Z

20日間顧客を待たせてるのに神対応?塩対応でしょ!

多くの人はソニーの神対応だと賞賛してるけど、ちょっと待ってとボクは言いたいのですよ。

このアタッチメントは3日後に届けられたわけじゃなくて、20日後に届けられたものです。

スポンサードリンク

設計上、最初から対応したアタッチメントを販売しておかなければならなかったのに、それをしていなかったソニーの瑕疵からスタートした問題であり、顧客の不便を認知して20日間もお待たせしているのです。

これを自分がいる業界や他のサービスに当てはめて考えてみてください。20日間も待たされるってありですか?ボクの常識からするとありえない遅さです。

しかも、そのアタッチメントを見たところ、単なるプラスチックの塊です。中に電子機器が詰まっているわけではありません。ソニーの優秀なスタッフの力を結集すれば、おそらく1日で試作品はできますよね?

しかも、そこまでブラッシュアップする必要のないものなので、設計変更をする必要もないでしょう。何らかの試行錯誤があったとしておまけを付けて3日かかったとします。その後配送した場合には翌日には顧客のもとに製品が届きます。これでも4日間もお待たせしているわけです。

『大企業がそんなに素早く対応できるはずがないじゃん!』と言う人がいるかもしれませんが、小さな企業が同じ日数で対応できるのなら、大企業も同じスピードで対応するべきです。

企業の大小なんて顧客からしたら関係ありません。評価する側に何らかのバイアスがかかっているからそういった評価になるだけで、顧客を待たせている時間は同じですから。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す