孤立しがちなブロガーの糾合にブロガーズギルドなんてのはどうだろう?

自称月間160万PVのボクですが(ホントだよ)、当ブログは現在のところデイリーPVが多いときで80PVほどです。しょぼいです。しょぼすぎです。

このブログを本家として育てようと決めているものの、手持ちブログからの誘導やSNSを使用することなく、単純な検索だけでどこまで行けるか試してみようと思っているため、このような状況に甘んじています。

もしこのブログしか持っていなかったら、完全に挫折しそうなレベルですよね。デイリー80PVって。だって、手持ちブログの2つほどはリアルタイムでこのくらいのPVはありますからね。このブログは本家のくせに秒速で分家に負けているのです(泣)

patti004

ブロガーズギルド構想

さて、そこで思いついたのですよ。ブロガーズギルドという構想を。

PVが少ないブログでも本気で記事が書かれているブログは山ほどあって、日の目を見てないものが多くあるんじゃないかと。恐らくそんなブログのブロガーは状況を楽しむ余裕はさほど無く、自分の書いた記事を少しでも多くの人の目に触れさせたいと思っているんじゃ無いかと。

ギルド(Guild)とは?

世界史を習ったことのある人なら知っていると思いますが、中世ヨーロッパに存在した組合のようなものです。『商人ギルド』『手工業ギルド』って習った覚えがあるでしょ?

後者については『同職ギルド』という和訳もされることがあって、職業別に大団円を組んで圧力団体化しました。ですので、ギルドという単語はブロガーを糾合するのにぴったりだと思います。

スポンサードリンク

ボクはこの言葉を初めて知ったときに、響きのかっこよさに震えた記憶があります。和訳すると組合なんだからかっこいいわけではないのですが・・・。

けれど、特に手工業ギルドなんて、親方たちが力を糾合して商人ギルドに立ち向かった経緯があるわけで、そこに男臭いロマンを感じずにはいられませんでした。

ブロガーズギルドって結局はブログランキング的なもの?

いえいえ違います。ブログランキングってあまりに玉石混淆じゃありません?一家言を持つブロガーにとってはあまり有益なシステムでは無いし、実際にあのようなシステムを使っている有名ブロガーってほとんどいません。

ボクが考えるブロガーズギルドというのは、それなりにブロガーとしての質を備えている人の集合体です。そのため少なくとも、独自ドメインで運営しているブログである必要があるかと思います。

もちろん、無料ブログシステムで日本有数のブログを構築している人も中には居ますが、どこかで線引きをする必要があります。ボクの中ではそれが独自ドメインです。賃貸マンションに住んでいる人は一国一城の主とはいえませんから。

じゃあ、ブロガーサミット的なもの?

参加したことないので正確にはわかりませんが、似た性質のものになるかもしれません。

けれど、ブロガーサミットは首都圏でリアルに開催されるため、なかなか全国のブロガーを糾合できてないと思うのです。

地方に住んでいる場合には首都圏に行くのに数万円の交通費と時間がかかります。そのため、参加したくても参加できない方が大勢居るのではないでしょうか?

ブロガーギルドの構想はウェブ内で帰結させれば良いと考えています。そうすれば海外の有力ブロガーも参加可能となります。互いに補完し合い協力し合えば、ブロガーの輪が広がることでしょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. […] 何となく前々から思っていたブロガーのキュレーションを怪盗ぶらり団で文字にしてみたのが5月26日のこと。そして、リタイアメント初日の6月1日にドメインを取得してそのままサイト […]

コメントを残す