ブロガーの名刺には遊び心があってもいいんじゃない?

先日、どこで呼んだか忘れましたが、名刺を見るときに最初に見るのが住所だという記事がありました。サラリーマン時代の遠い記憶を呼び戻してみると、確かにそうだったような気がします。

値踏みをするというわけではないですが、住所によって先入観を持ってしまうこともありました。特に『郡』とかかれていると、田舎に住んでいるんだと思うことが多かったです。また、政令指定都市で無ければ同じようなイメージを持ちました。

けれど、ブロガーの場合にはこのようなイメージはあまり関係ありませんよね?もしマネタイズをしているブログであれば、逆に田舎暮らしの方が可処分所得が増えてうらやましいと思えるぐらいです。

そして、ブロガーというのはサラリーマンというくびきから解放された立ち位置に居る人が多いため、遊び心満載の名刺を作ることも可能です。

以下の画像はそんな例の一つです。

スポンサードリンク

名刺

県名を旧国名化してみる

一般のサラリーマンの名刺と比べるとフックが多いかもしれませんね。ポイントは住所の『安芸国』です。最初に住所を見られるのならそこにフックを仕掛けておくと認知度も格段にアップするはずです。

ただ問題点もあって、あまり有名でない都市や郡部に住んでいると、所在地が全く連想されないのです。また、郵便物を送るときも送り先に手間を強いてしまいます。

広島市の場合には、外国人も多く知っている有名な都市だし、県庁所在地と都市名が同一であるため県名がすぐにわかりますが、これが尾道市や三原市の場合だとそうはいきません。実際には郵便番号がわかれば届きます。けれど、儀礼上は県名を書かなければならないことが多々ありますよね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す