舌の根も乾かぬうちにMax Magazineに変更してしまった。あらためてStingerの良さもわかる

数日前、WordpressのブログテーマをStinger3をやめてAdaptive Flatを採用したと書きましたが、あっさりと別のテーマに変更してしまいました。

どうにも変更できない点があったのと、子テーマを作らずに触りまくっていて微妙におかしくなったためです。また、数日眺めていただけで構成に飽きてしまったという理由もありました。

そこで今回採用したのがMax Magazineです。

nonploy011

 

Max Magazineでスライダーを動かしまくり

プレビューしてみて、今までスライダー付きのテーマを使用したことが無かったので試しに使っても良いかなと思い早速導入しました。

スライダーにカルーセル(麻紀じゃないよ、caroucel)。そして、その下に縦にカテゴリー別記事、さらには新着記事まで配置できます。まさにオールインワンでお手盛り状態で画像がたくさんなので、見た目には充実しています。

ひょっとすると重いのかもしれませんが、ものは試しです。

導入後のページビューは上々で50%増しになりました。恐らく画像が多いことで回遊性が増したのでしょう。

ちなみに、スライダーとカルーセルは簡単に外すことができます。

 

Max Magazineのデメリット

PHPの構成もシンプルで、2012の頃のような書き方がされているため、ボクにとっては何かとカスタマイズしやすいです。

ただし、デフォルトの状態ではスライダーやカルーセル内の文字が文字化けします。 海外のテー母マルチバイトを想定してないことが多く、日本語だとこうなってしまうことがあるんですよね~。そのため、若干のタグの修正が必要となりました。

検索するとすでに対応していた方がいたので助かりました。

『substr(the_title(”,”,FALSE),0,40);』となっているところを『mb_substr(the_title(”,”,FALSE),0,22,’UTF-8′);』に書き換えるだけです。40や22は文字数なので任意の数字にします。

場所はslider.php、carousel.php、feat_cat1.php、feat_cat2.php、feat_cat3.php、feat_cat4.phpです。feat_cat1.phpなどはデフォルトでは無くカテゴリー内記事の縦列表示なので、使用しなければ変更の必要はありません。

テーマ自体を全くカスタマイズできない方にとっては、こういった変更が煩わしいかもしれません。その点では国産のStingerは優位性があります。やはりWordpress初心者にはStingerという選択はベターです。

 

また、ヘッダータグも若干修正しました。どこをどうしたかイマイチ忘れましたが、記事のタイトルをH2からH1に変更し、ウェジェットのH3をH4にしたと思います。H2とH3でアンダーラインと左のラインの装飾を入れたかったので、デフォルトのままだとホームページの見栄えが悪くなるためです。

 

おわりに

しばらくはMax Magazineで使用してみたいと思っています。 まだまだ当ブログはPVがしょぼすぎて、アドセンスのABテストなどもできない状況ですので、軌道に乗り始めたら他のブログと比較して、必要があれば変更を加える予定です。

 

プロブロガーじゃないフルタイムブロガー ぶらり人 Saksak