7月のアドセンスの収益悪化がハンパない。9月までは我慢の期間か?

3のスジ月だった6月が終わったことで、7月はアドセンスの収益性が一服すると予測していました。

その予想が当たった事自体は先見性があるということでよかったのかもしれません。心の準備はできていたので精神的なダメージは軽微でした。ただ、そのダウン率が予定したものよりも大きくて少々がっくりきています。

こんな時にはむやみに記事を書いてもしょうがないので、ハンモックでひと寝入りです(笑)

sleepinggirl

Xデーは7月7日に突如やってきた

それまでは6月の余韻でそれなりに良い感じに推移していた収益が、7月7日を境に突如下落し始めました。

スポンサードリンク

コンテンツの状況からいって7月はページビュー(PV)も下がるだろうなと予測していました。そして、予想通り10%ほどPVは下がったのですが、それ以上に収益の下落のほうが大きかったのです。

おおよそ30%ほど収益が下落しました。PVとの兼ね合いを考えると、15~20%ほど広告主の活性が下がっていると言えるでしょう。

今年はワールドカップ年だったこともあり、各企業の広告の使い方が例年とは異なっているためこのような結果になったのかもしれません。

もちろんサイトの特性もあるかもしれませんが、手持ちのサイトはどちらかと言うとサイト内容に関連したコンテンツマッチ広告よりはインタレストベースの広告のほうが多く表示されるため、ミクロの広告主の状況よりも、全体的な広告出稿の傾向による影響を受けています。

収益最大化に向けた対策は?

手持ちサイトは遅効性の記事が後々威力を発揮することが多いため、このような活性の低い時期には種まきと割り切って記事を書いています。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す