ブロガーはアフィリエイトを利用しない方がいいのか?ウェブマスターツールのガイドラインが怖い!

昔に比べるとずいぶんわかりやすくなったGoogleのガイドラインですが、未だに官僚の答弁のようなモヤモヤの消えない書き方がされていることもあります。

いつもアドセンスチームには、法律の判例集のようなものをセットにしてくれとお願いしており、最近ではその傾向も見られるのですが、それでも未だに完全にそのようになっていない状況です。

smapho001

さて、今回はウェブマスターツールのガイドラインの中のアフィリエイトプログラムというページの内容を考察してみましょう。

読み方によると、ジャンルを絞ってないハイブリッドブログを書くブロガーのアフィリエイト利用は危険であるとも読み取れます。

アフィリエイトとアドセンスは別物で、そこにはダブルスタンダードがある・・・はず・・・

全体の文章を流して読むとわかると思いますが、同じ広告でも、他社が提供するアフィリエイトと、Googleが直接提供し、Google自体の収益の90%以上を占める広告システムの一部であるアドセンスとでは、基準が異なるように思えてなりません。

というのも、Googleにとってアフィリエイトプログラムを提供する起業は、あくまで競業であり倒すべき相手です。広告主がアフィリエイトを利用せずにアドワーズを利用してくれればGoogleとしては嬉しさと収益が増幅するわけです。

そのため、アフィリエイトを扱うサイトに対して行う厳しい施策は、アドセンスには行わない可能性が大きいのです。『ただし、アドセンスは除く』というダブルスタンダードがそこにはあるようです。

スポンサードリンク

アドセンスについては、検索結果としてしかコントロール出来ないアフィリエイトと異なり、アドセンス自体のアカウント管理で低品質なサイトを締め出すことができます。

そのため、検索システム側では、よりアフィリエイトを掲載したサイトの不正に監視の目を光らせているはずです。

いつも言っていることですが、ボクがGoogleのトップなら、アフィリエイトプログラムを利用しているページは検索上位21位以下にするという施策を取り、自社の利益を最大限にすることでしょう。

もちろん、Googleはそんなことをしませんが、昨今の検索システムのアップデートを見ると、結果的にはそのような方向にベクトルが向いていると言えなくも無いようです。

このことからもわかるように、アフィリエイトプログラムを提供する起業の生殺与奪権は完全にGoogleが握っています。

Googleの収益が悪化するタイミングで徐々にアフィリエイトの締め出しが行われる可能性も否定できません。

サイトのごく一部にのみアフィリエイト プログラムのコンテンツを掲載する

上記の文言はガイドラインに箇条書されている一部です。これだけでは、サイトの固定した場所に全ページ通してアフィリエイト広告掲載してもよいものなのか、一部のエントリーにのみ掲載が可能なのかはわかりません。

広義として取れば前者が許され、狭義として取れば後者しか許されません。個人的な感想を言えば、狭義の解釈の方で合っているのではないかと思います。

ページビューが下落したとサイト所有者が言っているサイトの多くで、固定位置に複数個アフィリエイトを配置しているのが確認されたからです。

このあたりのさじ加減は検索エンジンのチューニング次第なのでなんとも言えないところです。1つまではOK、2まではOK、全てマイナス評価、この内のどれかのような気がします。

いずれにしても、やりすぎは禁物のです。アドセンスでは一般ユーザーに対しての1ページあたりの最大広告数は3です。(リンク広告などは除く)

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す