世界初?小径車(ミニベロ)でオアフ島一周してきた 171.9kmの旅 その1

今回ハワイのオアフ島に長期滞在した最大の目的は、島内を自転車で一周することでした。

そして、DAHON Visc.P20という小径車(ミニベロ)を持ち込んだわけですが、3月13日についに決行しました。

ちなみにこの日は金曜日。そう、13日の金曜日でしたよ(汗)

13日の金曜日にふさわしいアクシデントがあったことは言うまでもありません。

そんなアクシデントを交えながら全行程(約170km)を語っていきましょう。

オアフ一周自転車

激しい北風が向かい風に

1週間前くらいからずっと北風が吹いてるオアフ島。ワイキキにいるとさほど感じないのですが、ハワイカイのあるイーストショアや北側のノースショアはかなりの風が吹いていました。

全くあてにならない天気予報では8マイルとあったので、風速は約10mくらいです。

滞在先の目の前の椰子の木なんて、風のせいで裏返った傘のようになっていました。

ちなみにココらへんの椰子の木は風のせいで傾いて斜めに生えているものもあります。

それなら風のない日を選んで出発すればいいという話ですが、ハワイの天気予報は全くあてにならないから計画の立てようがないんです。

だから、風がやんでればラッキー、風が吹いていればアンラッキーというわけです。

ちなみに、風がなければサイクリングレベルで25km/hくらいでは進めるのですが、実際には18km/h程度となりました。

予定は大狂いですよ、ホント。

スマホの不具合でログが壊滅状態

いつもXperia Z Ultraに入れているアプリ・Runtastic PROでログをとっているのですが、出発直後に機嫌が悪くなり、全行程の大部分をうまく計測できませんでした。

もっとも、この不具合はAT&TのSimのしわざのようで、不具合が起きた際にしっかりとリセットすればよかったのですが、それをしなかった僕のミスも多々あります。

ずっと使っていて不具合はさほどなかったのに、よりによって本番で・・・。

走行距離や時間、おおまかなデータは計測されているものの、GPSによる位置情報が記録されませんでした(泣)

念の為にポイントごとに時計をチェックしておいて良かったです。

スポンサードリンク

カフクでエビを!

オアフ島一周

ひとまずの目的地はノースショアのカフクです。

ここにはジョバンニズ・アロハ・シュリンプというノースショア名物ガーリックシュリンプのお店があるのです。

この店が元祖のようなのですが、他にも有名な店がこの辺りに多くあります。

途中までの行程はハイルーア池・Uncle Bobo’sへ。往復105kmのサイクリングをしてきたよ!その1と同じです。

50km過ぎたあたりからが初めて行く場所になります。

朝7時に出発して11時前に着けばいいと思っていたのですが、とんだアクシデントがありました。

それは後ほどお話するとして、この道は3度めなのですが、時間帯が違うと新しい発見があるもので、『こんなのあったっけ?』というものも見つけました。

オアフ一周自転車

見慣れたラビットアイランドも朝だと一味違います。

オアフ一周自転車

曙太郎です。途中のお店が密集している場所にありました。


 オアフ一周自転車

道に出されたゴミ箱。

ゴミ収集車のサイドに巨大なアームがついていて、ガシッと掴んで中身を放り込みます。

人件費がかからない合理的で大胆なシステムです。

けれど、このせいでごみ収集渋滞が起きます。

もちろん自転車は走りにくくて仕方ありません。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す