Moena cafe(モエナカフェ at コーコー・マリーナセンター)でショートリブ・ロコモコを食べてきた

近所のコーコー・マリーナセンターにあるMoena cafe(モエナカフェ)に行ってきました。

日本の原宿や京都にも支店がありますよね。

日本のサイトの説明によると、

『ハワイで権威のある「ホノルルマガジン」が主催するグルメアワード「ハレアイナ賞2014」の朝食部門で、オープン2年目にして2年連続“TOP WRITE-IN VOTE”(口コミNO.1)を受賞

なのだそうです。

タウン誌にそんな権威はない気がしますが、モンドセレクションも内情を知らないと権威だと思うので、ここは華麗にスルーしておきましょう。

 

 

モエナカフェ

 

外観からはすごいお店かどうかわかりません。

というのも、同じ形状の建物にテナントとして入っているから。

ハワイカイに来た頃に一応全ての店はチェックしたのだけれど、全く覚えていませんでした。

 

 

モエナカフェ

 

店内の様子。

人が待つのが前提のようで、入ってもすぐにスタッフが寄って来ません。

なんでかな~?と思いつつ、わざと黙って待っていても全くアプローチなし。

座っていいか?と聞いてようやく名簿を見るという感じ。

残念な応対です。

 

けれど、一度担当につくとコロっと態度が変わります。

さすがチップ大国。

もっとも、応対した人とは別の人が担当になり、その人がいい人だったからでもありますが、チップが絡むからこその応対ということがわかっているので、ちょっと微妙です。

そもそもチップって人参ぶら下げシステムですからね~。

そうしないと誠意を持って働けないというのも寂しいものです。

 

 

モエナカフェ

 

噂のショートリブ・ロコモコをオーダー。

食べる前に、醤油やケチャップはいらない?と聞かれました。

ひとくち食べてみると、なるほどすごく薄い味です。

辛味が足りなかったので胡椒をふりかけ、塩分は出されたままで食べました。

僕はあまり塩分が強いものが好きじゃないので良いのですが、一般の人はなにかかけないとダメかもしれません。

 

 

モエナカフェ

 

スペアリブはほろほろの柔らかさです。

これは美味しい。

けれど、ご飯がいけません。

しゃもじでペトッと盛ったままなので、平たい部分がものすごくあります。

写真でもわかるかな?

 

盛ったあとに縦にサクサクとやらないと、ご飯が塊になったままでしょ?

僕はそれがすごく嫌いなんです。

これはかなりマイナスポイントでした。

 

グレービー(デミグラスじゃないよ)や肉の柔らかさは文句なしですが、$15.50払ってもう一度食べたいかと言われるとNoです。

ちなみに、サラダなどはつきません。ワンプレートです。

 

 

モエナカフェ

 

 

食後にカプチーノをオーダー。

ロコモコを作るくらい時間がかかりました。

逆に言うと、ロコモコはかなり早く出てきた印象でした。

 

全て合わせて、チップ込みで$26強です(汗)

2月の収益が思いがけず良かったので問題なしですが、タイだと10食以上食べられますよ。

ま、これも経験ということで。

ここにかぎらず、どこで食べても普通に高いので、エンゲル係数が跳ね上がり中です。

 

今回のショートリブ・ロコモコは全体的にいまいちだったので、今度はパンケーキを食べてみようと思っています。

近所なのでいつでもいけるしね。

 

食後はこれまたご近所のコーコー・クレーターに登ることに。

これが大変なことになるとは・・・。

 

ハワイアンブロガー Saksak(サクサク)