微労所得という考え方がマイブーム。不労所得なんて都合が良すぎることに気づいた。

若いころ、5年・10年前は『不労所得こそが至上』と思っていました。けれど、そこを目指すには自分には才能が不足していることに気が付きました。また、実際には不労所得というものはあまりないんですよね。

家賃収入にしても不動産管理を自分でやるとなると労働が付きまとってくるし、株やFXにしてもその分野についてのデータ収入や決断が必要になってきます。

後者の場合には損失が出た時に発生する精神衛生上のデメリットを考えると、向き不向きがあります。ボクははっきり言って向いていませんでした。

jobgirl

スポンサードリンク

微労所得という考え方

不労所得のシステムを構築する才能がないことに気づいた時、それを完全に諦めるにはもったいない時代です。

そこで提案したいのが『微労所得』という考え方です。人並みに働かずに人並みの収入を得られるか、少額の収入を目標にして少しだけ働くというのが定義です。

幸運にもボクはブログのマネタイズに成功して『微労所得』を得ています。昼寝をしたりネットで無駄に時間を費やしたりしながらブログを書いているので、賞味の時間は定かではありませんが、おそらく1日に6時間ほどは執筆していると思います。

趣味と実益が完全に重なっているためどこからどこまでが労働に値するものなのかわかりませんが、キーボードを打っている時間はおそらくこのくらいです。

この3~6月の収益の平均は40万円を超えているので、時給に直したらかなり良いです。何より、細かい時間にとらわれないのもいいですね。更新時間なんて適当だから時間に追われることがありません。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す