フェイスブックの立ち位置が微妙だから結局ブログかサイトを探すよね?

日本では『アメリカにもmixiみたいなのがあるらしいよ』と言われてきた頃から、ボクはフェイスブック(Facebook)を使っていました。といっても、あくまでも必要に駆られたからです。

タイでは独自のサービスがほとんど開発されないこともあって、すぐにアメリカのサービスに飛びつく傾向にあるんです。そのころはHi5も流行っていました。

Facebook

そんな経緯があるので、ボクのフェイスブックは本名ではありません。タイ人は対外的にも本名を使う機会があまりなく、チューレンというニックネームとファーストネームがセットとして使われます。(普段はチューレンのみ使用)だからボクのフェイスブックもそうなっています。

スポンサードリンク

フェイスブックって実名のみの登録ですよね?確か。けれど、このような経緯があってタイ式のままになっています。名前が変わると、『あんただれ?』ってなってしまいますから(笑)

フェイスブックの立ち位置が微妙

多くの人が本腰を入れてフェイスブックを使い倒しているわけでは無く、ブログやサイトに誘導するための手段として使用していますよね?すると、必然的にスカスカな情報しか無いことが多く、そのため、フェイスブックの立ち位置が非常に微妙になっています。

ボクは3年ほど前からすでに使わなくなりました。フェイスブックに注力するぐらいなら、ブログをしっかり書いてマネタイズした方が良いですもん。注力すればするほどフェイスブックが儲かるだけです。

当時しょっちゅう更新していた友人たちもほとんどがInstagramに移行しています。タイでは完全に大流行しているこのSNSですが、単純に写真だけで文字は二の次というシステムがウケています。

日本人はなんやかんや言っても文字が大好きなので、このような画像優先のシステムが定着するにはまだまだ時間がかかるでしょう。

最近のフェイスブックはおじさんのためのSNSなんて言われてますが、そんなおじさんクラブに入って説教を受けたりするのも面倒です。というボクもおじさんですが・・・(笑)

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す