200万PV程度のブログを最初から収益化しても閲覧者は逃げていかない

いつも興味深く閲覧しているかん吉さんの『わかったブログ』に以下のエントリーがありました。

収益化を始めると客は逃げていく ウェブビジネスの鉄則

この内容はかん吉さんの持論で、昔からずっとおっしゃられていることです。

けれど、個人的には、『ブログには当てはまらないよな~』と思っていました。

折角の機会なので、ボクの持論を書いていきます。

ブログのマネタイズは最初からやっても構わない

結論から言うと、ブログのマネタイズは最初からやっても構わないです。

ブログってせいぜいページビュー(PV)が伸びても200・300万PVじゃないですか?

先月ボクのブログ軍は263万PVでしたが、おそらく日本のトップレベルで300万PVくらいですよ。

個人メディアとしては好結果かもしれませんが『メディア』とひとくくりにした場合には底辺レベルです。(ボクの手持ちブログは個人メディアではなく専門ブログですが・・・)

そのため、ビジネスとしてメディアを成立させている、あるいはウェブ系のサービスを提供している企業からしてみると、米粒レベルなんですよね。

かん吉さんが引用しているアメーバやLINEのような位置を目指すならば、おっしゃるように最初は無料にして拡散するのがベターだと思います。古今東西、多くのIT系企業の成功例はそのようなタイプが多いので、この意見には賛成です。

スポンサードリンク

けれど、ブログマネタイズ(ブログの収益化)は規模も性格も異なるため、その手法がそのまま当てはまるとはいえません。

手持ちブログの収益化グラフ

ブログマネタイズ

上のグラフは手持ちのブログ群の収益グラフです。ほとんどがアドセンスによるものですが、アマゾンアソシエイトなどの細々とした収益も合算しています。

本来のスタートは数十円からですが、Googleからの初めての入金があった月からグラフ化しています。2011年9月で約3万PVです。

3年間でPVも収益も80倍強伸びています。正直なところ、収益が10万円、PVが40万PVを超えたあたりで頭打ちだろうと思っていました。実際、そのレベルで7ヶ月ほど停滞しています。

けれど、伸びるときには何をやっても伸びるもので、その後、どちらの要素も5倍伸びました。

では、なぜ、ブログのマネタイズ(ブログの収益化)を最初からやっても構わないのでしょうか?

ボクが個人的に思うに、それは見慣れた光景だからです。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す