『ご職業は?』と問われて、プロブロガーではないのだけれど『ブロガーです』と答えた時の反応が面白い。

この一週間は初対面の人と会う機会が多く、何度も『お仕事はなにをされているんですか?』と、問われるシチュエーションがありました。

以前のエントリーで、すべての労働をやめたと書いたとおり現在は無職です。正確には『フルタイムブロガー』で、無職ながらサラリーマン並の収入を維持しています。

第一印象

 

けれど、『無職です』と答えるとなんだか感じが悪いし、『フルタイムブロガーです』だとおそらく聞き手の知識の範疇を超えるだろうし、『プロブロガー』というわけでもないし、『ブログメディア』をやってますというとかっこよすぎるしということで、単に『ブロガーです』と名乗るようにしています。

 

ブロガー???

この時の聞き手側の反応はすごく面白いですよ。狐につままれた顔をするか、怪訝な顔を擦るかのどちらかです。そして、『そんなことで食べていけるの?』と思っていることが、ありありと見て取れて愉快です。

これが東京なら反応が異なるのかもしれませんが、政令指定都市だといっても広島レベルだとネットリテラシーがそこまで高くなく情報が圧倒的に不足しているため、このような反応をする人が多いのです。

そのため、潜在能力があっても現状に甘んじてブログで生計を立ててみようという人も殆どいなのかもしれません。

 

ボクはちょっと意地悪で、今のところ出会った人に自分のブログを教えていません。だって、ノウハウの流出が怖いじゃないですか!

嘘です。なんのノウハウもありません。実は食いつく人を探しているのです。

アメリカ人なら、『ぜひやってみたいので、やり方を教えてくれないか?』と、さくっと食いついてくるのでしょうが、奥ゆかしい日本人はそんな人があまりいないのが現状です。

けれど、そろそろ現状を打破して、ブログの伝道師的な活動も行っていく予定です。

それについては次回のエントリ-で書きますね。

 

プロブロガーじゃないフルタイムブロガー(Full-time Blogger) Saksak