ブログライターって何なの?ブログライターの収入は?と思ったので調べたことをまとめてみた

あまりにも世情に疎いというか、有名なブロガーもあまり知らなかったため、ここのところ検索しつつ情報収集しています。その過程で『ブログライター』という言葉が引っかかり、『なんじゃそりゃ?』と思ったので調べてみました。

字面だけを見るとブログのライターなのでブロガーの言い換えなのかと思ったのですが、違うんですね!

どうやら企業から依頼を受けて、300~400字程度の記事をブログに書いたり、それを提出して報酬を受けるお小遣い稼ぎをする人たちのことを言うようです。

nonploy001

要するにステルスマーケティング、いわゆるステマの一翼を担っているライターさんのことですね。おそらくこのようなライターさんというのは昔から居たのでしょうが、ネットの登場によって一気に需要が開花したジャンルなのでしょう。

スポンサードリンク

いまいち実態がつかめなかったので、ためしにブログライターにお仕事を紹介する某社に登録してみました。もちろんブログライターはしません。その理由はまた後ほど。

ブログラーター収入の相場は?300文字60円、400文字70円~

高いのか安いのかよくわかりませんが、当記事に現時点で書いている文字数がだいたいそのくらいです。それなりに知識を持った分野なら5分もあれば書ける分量ですが、文字数内に書きたいことを集約しなければならない分、少々面倒です。

また、個人ブログにつらつらと書きたいことを書くのと異なり、ポジティブな文言だけを使う必要も出てくる上、校正もそれなりに要求されます。そうすると時給換算で500円も行けばいい方かもしれません。

実際、某ブログライター系サイトに成功者モデルが紹介されていました。ナンバーワンの方で月額10~12万円で、2位以下は4・5万円とありました。

また、作業時間はその1位の方で8~10時間、ベストテンの他の方たちは4・5時間といったところした。記事数で1位の方は20~30件、他の方は10~20件でした。

1位の方を基準に考えると、月額10万円の収入を得るために20記事を8時間かけて仕上げていると言うことになります。

仮に実働22日と考えると時給が570円弱です。『パートに行ったた方がいいんじゃない?』とおっしゃる方もいそうですが、在宅で出勤や対人関係のストレスも無く収入を得られるのならまずまずなのかもしれません。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す