コーコー・クレーターに登ってみたよ。二度とゴメンだ!その2

コーコー・クレーター登山の続きです。

締めで書く前に先に書いておくと、ここに登るのには軽装の方がいいです。

僕は麻のロングパンツを履いていたのですが、汗でまとわりついて膝が上がりにくくなったのでまくって登りました。

また、水は絶対に持って行きましょう。

登る前は『ちょっとそこまで』のつもりだったのですが、かなり負荷がかかる登山です。

というのも、最短距離を直線的に登るので、今まで経験したことのない負荷がかかります。

また、枕木の間隔が歩くにちょうどいい間隔というわけでもないので、意外と疲れるのです。

といっても、若い女の子たちもけっこうなペースで登っていたので、体調さえ万全なら問題ないのかもしれません。

けれど、日本人の多くは旅の途中にやってくるのでしょうから、短パン&水の用意をしておくほうが無難でしょう。

コーコー・クレーター

手前と右側がクレーターの外苑です。

本来ならばもっと際まで行くのですが、足を使いすぎて踏ん張りが聞かない状態になっていたのでやめておきました。

落ちたらシャレにならないし。

スポンサードリンク

コーコー・クレーター

これでトロッコを引っ張っていたようです。

コーコー・クレーター

ハワイカイ側。面白い地形でしょ?

コーコー・クレーター

こんな立派なサボテンが自生しています。

コーコー・クレーター

落書きされちゃって・・・

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す