ロコモコなんぞ食べてみましたよ。お寿司もね。

旅行の楽しみの一つが食ですよね?

そして、ハワイの食べ物と言って連想するのがロコモコ(Locomoco)ではないでしょうか?

日本風に言えばハンバーグ丼です。

幸か不幸か日本では世界各国の料理が食べられることもあって、昨今では食に関する感動が薄くなっています。

御多分にもれず、ロコモコもそのたぐいで、本場で食べたという経験以外にはさほど感動がありません。

ロコモコ

写真のロコモコはアロハ・テーブルのもの。(オプションチーズ,$9.50だったかな?)

スポンサードリンク

デューティーフリーショップ(Tギャラリア)の向かい側の路地を少し入った両替屋の上にあります。

両替屋には前日行っていたので場所はすぐに分かりましたよ。

お味は普通に美味しかったです。

話は元に戻りますが、味に対する感動というのは、未知の食材に出会った時に起きるものですよね?

例えば、トムヤムクンに入っているレモンバームやバイマックルーなどがそうです。

日本では手に入れにくいこともあり、その風味を感じ分けることは、一般の日本人には難しいものです。

ロコモコにかぎらずハワイの食にはそういった刺激はほとんどありません。

現代日本人の一般知識の範疇で食が形成されています。

あまりにも人気が出過ぎてハワイは丸裸になってしまっており、それが感動を削っているようです。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す