コーコー・クレーターに登ってみたよ。二度とゴメンだ!その1

モエナカフェで食事をした後に、時間つぶしの一環としてコーコー・クレーターに登ってみました。

いつも滞在先から見えている標高368mの小さな山です。

みんながよく知ってるダイヤモンドヘッドは232mなので1.6倍の高さがあります。

以前紹介したラビットアイランドや、今後紹介するハナウマ湾、そしてこの2つの山は同じ火山活動で出来たのだそうです。

(チベット系ネパール人の友人に、あれは丘だと言われそう:笑)

ぶっちゃけなめてましたよ。

けど、けどね、コーコー・クレーターをなめちゃいけません。

では、登山の一部始終をどうぞ。

 

コーコー・クレーター

 

野球場の隙間の道を華麗に自転車ですり抜けて登り口に到着。

コーコーマリーナからでも1.5kmくらいあります。

途中からは舗装もかなりガタガタです。

かつては軍用のトロッコが走っていたらしく、線路と枕木がそのまま残されており、枕木を階段のように使って登っていきます。

 

コーコー・クレーター

 

おそらく100mくらい登ったところ。すでに帰ろうかどうか迷ってます。

 

コーコー・クレーター

 

だって、角度が変わってるでしょ?角度が!

 

コーコー・クレーター

 

楽勝でおじいさんに抜かれてます。

言い訳をしておくと、前日に自転車で105km走ってますから。

 

 

 

コーコー・クレーター

 

ここは橋になっている箇所なので、高所恐怖症の人はこのような降り方をしています。

 

 

コーコー・クレーター

 

犬と一緒の人が3人ほどいました。

犬は下りより登りの方が走りやすそうでしたよ。

 

コーコー・クレーター

 

『オレは写真を撮ってんだ!』という素振りをしつつ何度も休憩する僕。

間違いなく一番ヘタレです。

というか、やはり前日の105kmのダメージが筋肉に蓄積していたようです。

 

 

コーコー・クレーター

 

まだまだ続く殺人坂。サクサク殺し。

 

 

コーコー・クレーター

 

転がっていくと確実に死ねます。

漫画のように楽に降りるということはできなさそう。

 

 

コーコー・クレーター

 

 

マジで死にそうな思いをして、一歩一歩スローロリス並の速度でのぼりようやく到着。

ここが一応の終点です。

山頂の様子は次回のエントリーで。

 

ハワイアンブロガー Saksak(サクサク)