向かい風と追い風で時速8kmの差。今日の走行距離は13km

明日からまた雨ということで、Muddyさん(Muddyfox CX)で午前中、軽く走ってきました。

やらないといけないこともあったので、10~15kmほど走ったあとスーパーに行こうと、サドルバッグにレジ袋とお財布を仕込んで出かけました。

サドルバッグと言っても正式なものではなく、家にあったポーチをうまくサドル舌のパイプに引っ掛けたものです。

太田川

 

 

サイクルインナーパンツの効果はてきめん!

昨日届いていたので早速はいてみました。

 

 

ちょっと写真を取るのを忘れてしまったのですが、見たことない方は女性が整理の時に使うナプキンを想像してみてください。

その形状がサドルのような形をしておりかなりごついものです。そのため、必然的に歩き方はガニ股になります。

 

まだまだ先日の後遺症が取れてないので痛みはあるものの、コレがあるのとないのとでは全く異なります。

けれど、街乗りのたびにこれを履く訳にはいかないでしょうから、トレーニングをしない方はクッション性の高いサドルに変えるのがベターかと思われます。

 

向かい風と追い風で8kmも違ったよ

河口から2・3kmしか離れてない場所なので、午前中は結構な海風が吹きます。まだまだリハビリの段階なのでチンタラと走っているのですが、楽に走れる速度は時速18km程度でした。

復路では当然ながら追い風になるのですが、まあ楽なこと。同じ負荷でも時速26kmほど出せるじゃないですか。

高校の頃は川沿いを毎日往復していて、向かい風のきつさは体感していたのですが、こうして数字に表されると、その差がはっきりと分かります。

この場所は道路の状況が良くないのでそんなにスピードは出せないため、負荷をかけるトレーニングに向いていそうです。

 

ドロップハンドルいいな~

余談ですが、途中、軽く流している感じのロードの人に軽く抜き去られました。向かい風でも25kmは余裕で出てましたよ(汗)

やっぱドロップハンドルいいな~と思ってしまいました。子供の頃に慣れているので、未経験者が言うほど危なっかしいハンドルではありません。

逆にストレートハンドルってどこに利点があるのかわかりません。楽さを求めればママチャリやMTBのハンドルがいいし、ドロップハンドルのように色々とポジションチェンジもできず、上半身のパワーもかけにくいんですよね。

幸いMuddyさんはシクロクロスなので、もう少しお腹が引っ込んだらドロップに変えようかなとも思ってみたり。

その前に試したいこともあるので、装着したらアップします!

 

プロブロガーじゃないフルタイムブロガー(Full-time Blogger) Saksak