運動不足をなめてかかって自転車で10km走ったら死にそうになった

真夏だと言うのに梅雨とまったく変わらない長雨。

今年の夏は天気が悪すぎますね~。

さて、昨日ようやく愛車のMuddyさん(Muddyfox CX)を正式デビューさせました。

買った当初は何も付属品をつけてなかったのですが、結局、ライトとメーターとスタンドをアマゾンで買ってつけてしまいました。

muddyfox cx

 

久々にコンデジで撮影したのでミスって被写界深度が深い画になってしまいました(汗)

やっぱ一眼のほうが直感的に思い通りの画が取れますね~。

 

運動不足をなめてかかって自転車で10km走ったら死にそうになった

いや~、ほんとになめてました。まさかここまで辛くなるとは!

自転車で10kmなんて、特にたいした距離じゃないじゃないですか?時速20kmで30分です。

けれど、よっぽど体がなまっていたのでしょう。走り終わった後に左足をつくと、虎砲をくらったようにガクンと来て、ほんとに崩れ落ちそうになりました。

自分の体力のなさにマジでびびりましたよ。もっとも、その要因は無きにしも非ずで・・・

 

muddyfox cx

 

悪路の負荷に注意

走ったのはアスファルトの上ではなく近所の河川敷のコンクリートの上で、決して滑らかとは言えない道でした。しかも、コースのうちの半分は舗装されておらず、土と小石のでこぼこ道でした。

『Muddyさんはシクロクロスだぜ、なめるんじゃね~ぜ!』と、悪路でも走っていたのです。結構な衝撃が体に伝わっていましたが、走っている最中はさほど気にしませんでした。

けれど、先述したように足に来てるだけでなく、体重を受ける手のひらや、頭部を支える首周り、そしておしりにかなりのダメージが残りました。

しかも、なんとかMuddyさんを部屋まで運んだあと、しばらくは鼓動も激しく気分も悪く、マジで死ぬかと思いました(汗)

もっとも、5分くらいすると呼吸も落ち着き何とかなったのですが、おそらくは現状で許容できる負荷をはるかに超えたのでしょう。そもそもリハビリ1日目に10km走るなって話ですね(汗)

 

まとめ

気持ちだけ若くても、体はついていかないことを自覚しないとダメですね~。

今回は悪路を走ったために予想外のダメージを受けましたが、アスファルトの道路なら20kmくらいは何とかなるんじゃないかと思っています。

次回はあまりスピードを出さずにもう少し長い距離を走ってみようと思っています。健康増進のためにすることで倒れてたら話になりませんからね。

 

プロブロガーじゃないフルタイムブロガー(Full-time Blogger) Saksak