タイに移住すれば小金持ち。ブロガーは場所を選ばず収入を確保できてすばらしい!

本当にステキな世の中になったものだと思います。PC一台とネット環境さえあれば、世界中のどこにいても収入を得ることができる時代です。しかも、在庫が無いと言うのがこれまた良いですね。

今まで在庫のある職業についていたので、そこから解放されるというのは実にすばらしいのですよ。今流行のダウンサイジングです(笑)

あちこちと旅がしたくて輸入販売業なんぞやっていましたが、これはこれで在庫を抱えるリスクもあり、また思った以上に肉体労働なので、年々辛くなってきていたのです。

だから・・・(明日の記事を待て!)

ミス・グランド・タイランド

画像の説明は後ほど(笑)

タイに移住すれば小金持ち!

地方のサラリーマン並の収入を得ることができるようになったとはいえ、いきなりアメリカやヨーロッパで生活するとなると金銭的に厳しいものがあります。そうなると必然的に行く先は東南アジアあたりになります。

スポンサードリンク

個人的にはやはりタイです。ベトナムのサイゴン(ホーチミン)にもよく行っていたのですが、まだまだ開発途中なので、バンコクあたりの方が日本人にとっては快適です。

パスポートをチェックしてみないと正確なことはいえませんが、30回は通っています。エアチケットだけでもざっと200万円です。他の国にもちょこちょこ行っているので、この10年で250万円は使っている気がします(汗)

まあ、これだけ行くと友人もたくさんできるもので、タイでは素敵な友人もできました。だから第一候補は必然的にタイになります。けれど完全移住はしたくなくて、日本とバンコクを拠点に近隣の国をぐるぐる巡りたいと思っています。

また、タイに限らず東南アジアの魅力は物価の安さです。タイの月間平均世帯収入は2.5万バーツ(7万5千円)ほどですから、いかにサラリーが安いかわかるでしょう。個人ではなく世帯だということもミソです。

ただし、首都圏だと一気に4.5万バーツ(13万5千円)に跳ね上がります。日本人の場合には何かとお金がかかるので、個人でも15万円ほどの収入があると楽でしょう。

もちろん、やろうと思えば月5万円で生活できないこともありません。格安ゲストハウスに月極で泊まれば家賃も安くなるし、食費は基本的に安いですから。ほかに滞在方法の選択肢は色々あります。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す