パスポートのスタンプを数えてみると184個あった。航空券の総額は?

そろそろ新しいパスポートにやり替えないといけないのだけど、重い腰が上がらずにそのままにしています。

そのパスポートですが、スタンプの数を数えてみると184個ありました。VISAも4枚貼ってあるのでほぼ空きがない状態です。

キャビンアテンダント

 以前よく利用していたBangkok Airways

 

航空券などの交通費の総額は?

184個スタンプがあるということはそれだけ出国か入国をしたということです。もちろん、日本だけとは限りません。

その内の6割ほどがタイへの往復です。その他はアメリカ・ベトナム・インドネシアなど。陸路はタイからラオス、NY州からカナダに行ったのだけです。

これだけ行っていると特典航空券も何度かゲットしているため、92往復中7往復は無料として、85往復したとして考えてみます。

といっても、サーチャージ料金などは無料航空券とは別途出かかっているので本来は計算しなければなりません。けれど、今回は簡易計算なので割愛します。

 

1回の交通費は65,000~70,000円かかっています。国際空港が近ければマイナス2万円といったところですが、地方都市の場合には国内移動にそれなりに金額がかかってしまいます。

一時期はバンコクエアウェイズが広島に就航していたので便利でしたが、料金設定は福岡や関空に行くのと変わらない金額になっていたので、やはり上記の金額になります。

中間をとって67,500円として、それに85を掛けると・・・573万7500円(汗)

 

こうして考えると無駄に飛行機に乗ったな~って思いますよ。574万円ですよ。これだけあれば数年前ならタイでちょっとしたコンドミニアム(マンション)が買えてました。以前友人が買った3階建ての100平米あるような長屋もそのくらいの額でした。

※日本人は土地付きの一戸建てが購入できないので、購入するとなるとコンドミニアムになります。

正直なところ飛行機なんてできれば乗りたくありません。乗るだけで疲れるし時間も取られます。だから到着した時にはぐったりしていることも多いです。

 

旅の特典はキャビンアテンダント?

特典はキャビンアテンダントに会えることぐらいです。

といっても、昔ほど華やかではないんですよね~。むしろ、僕の中では肉体労働です。そのうち、やりたくない職業のベスト10に入るんじゃないかと思います。見ていて『こりゃしんどい仕事だわ』と思いますもん。

タイではキャビンアテンダントのことを『エアホステス』と呼びます。そう、まさにホステスですよ、あの仕事は。肉体的だけでなく精神的にもきつそうです。

アジアではまだステイタスが高いのですが、欧米系の航空会社のキャビンアテンドなんて、屈強なおばさんが多いですもんね(笑)

 

まとめ

旅自体は今後もしていきたいものの、行ったり来たりは面倒です。幸いブログで食っていけるので、度の国に長期滞在してもネット環境さえ整っていれば全く問題はありません。

もともと一般の人に比べると長めの滞在をしていましたが、今後は数ヶ月づつ滞在するような旅の仕方をしてみようと思っています。

 

プロブロガーじゃないフルタイムブロガー(Full-time Blogger) ぶらり人 Saksak