※二分割されている記事は、関連記事の下に四角いオレンジ色のリンクがあります

気になる人はロードバイク用のグローブを使用したほうがいいかもしれません。

また、段差に弱いです。初日にいきなり段差に突っ込んで裏面を擦ってしまいました。ママチャリだと大丈夫な場所でもかなりショックが来ます。事前にブレーキして対処しましょう。

このサイズの空気の入るタイヤってないのでしょうか?

 

買い物に使えなくはないのだけれど、お弁当類には気をつけましょう。キックして進むため、その都度Gがかかってお弁当の中身が偏ります。

一度お寿司を買って帰ったら箱寿司のようになってました(笑)

その他のものは、ハンドルを引っ掛ける場所がうまく利用できるので、レジ袋をそこに引っ掛けて低速で走れば問題なしです。

 

 

メイド・イン・チャイナだから・・・

画像は届いた翌日に撮影したのですが、後輪を止める金具にサビが出ていました。

中国製のイスや棚を買っている人もよくネジが錆びていたとかレビューに描いている人がいますが、ホントでしたよ(汗)

さすがチャイナクオリティー。いい仕事していません。中国製品と付き合うには、こういったことも織り込み済みでないとメンタルが辛いですね。

けれど、どうしたものか・・・。

 

Oxelo(オクセロ) Town 9

 

下の画像のこのパーツにも塗装ハゲと擦り傷が・・・。

製造工程やクオリティーを根本的に見直さないとダメなのでしょうね~。おそらくどの個体も大なり小なりこのような瑕疵がありそうです。

 

Oxelo(オクセロ) Town 9

スポンサードリンク

 

このレベルの作りなら、ARAYAさんあたりが同じ値段で国産でもっと精度の高いものを作れそうな気がします。しかも鉄でなくクロモリで。

ナチュラムさんくらい大きな会社なら、交渉して開発すればいいのになとも思ってみたり。現行では5.9kgだけど、もっと軽くなるはずです。

 

 

まとめ

いろいろな欠点はあるものの、『ちょっとそこまで』の行動範囲が格段に広くなります。

そのため、トータルで考えると断然買いです。以前より断然出かける回数が増えました。

ただし、駐車スペースがあるのなら小さなママチャリがベターかもしれません。そのほうが買ったモノの持ち運びや、耐ショック性に優れています。

ボクの場合には遠くに出かけるときにはMuddyfox CXで、近くの場合にはOxelo(オクセロ) Town 9と使い分けており、どちらも室内保管をしています。

エレベーターのない2階なので、ママチャリの選択肢がなかった分、Oxelo(オクセロ) Town 9がドンピシャでした。

さらに、Oxelo(オクセロ) Town 9に載ってるとものすごく注目を浴びます。普段は全く注目されないのに、若い女の子もすごく見てくれますよ!

このメリットはおまけということで(笑)

 

 

 

プロブロガーじゃないフルタイムブロガー(Full-time Blogger) Saksak

スポンサードリンク
ページ 1 ページ 2
カテゴリー: ブログ

コメントを残す